東京都障害者スポーツ指導員協議会

東京都障害者スポーツ指導員協議会

平成20年度事業計画(案)

1. 本会の現状
東京都内におけるスポーツ活動を通して障害者福祉の発展に寄与する。
2. 実施事業
(1) 東京都及び都内区市町村が行う障害者スポーツ事業に対する協力
東京都、(社)東京都障害者スポーツ協会事業への協力
地域支援事業への人材スタッフの派遣、協力
東京都主催大会(東京マラソン)
東京都障害者スポーツセンター事業への協力
(財)日本障害者スポーツ協会事業への協力
市区町村主催事業への協力
東京都内に活動拠点を有する障害者スポーツ団体主催事業への協力
中級障害者スポーツ指導員養成講習会の主幹実施(日本障害者スポーツ指導者協議会との連携)
(2) 研修事業
会員の障害者スポーツに関する知識、資質向上へ繋がる講習会の開催
(3) 広報事業
会員への情報提供(たよりの発行)
指導員協議会ホームページの開設
(4) 交流及び親睦事業(暑気払い、総会後の懇親会)
会員相互の交流を促進することを目的として実施
3. 理事会の開催
年間6回程度開催を予定
実施会場 東京都障害者スポーツ協会、都障害者スポーツセンター
4. 会議・懇談会の実施
東京都障害者スポーツ協会との懇談会 年2回予定
総会 平成20年度総会 21年5月開催予定
5. 東京都障害者スポーツ協会との連携
東京都が主催する大規模大会(オリンピック・パラリンピック、東京国体・全国障害者スポーツ大会等)には、東京都障害者スポーツ協会が何らかの形で関与することが想定される、障害者スポーツの普及・振興を主たる事業目的としている協議会とスポーツ協会が互いに協力して行くことは、単に会員に活動の場を提供することだけでなく、参画する中で協議会会員の資質向上に繋がり、しいては会員の身近な地域で、障害者のスポーツ振興を担う人材となれる機会となることからも協力していく。
多くの会員に対してボランティアの域であるが、情報提供する事務作業の拠点として現スポーツ協会の協力は欠かせないことからも、団体正会員として障害者スポーツの普及・振興に側面的に支援する。
6. 事務局活動
【事務局体制の強化】
一年間毎週水曜日に理事と事務局員がスポーツ協会会議室にて、障害者スポーツ指導員としての資格を取得し、活動会員として登録している会員に対する情報提供、活動機会の提供、問合せ対応、関東ブロック事務などの事務局作業を実施し事務の大枠は掌握したが繁忙期の補助体制を検討するなどして事務局体制の強化をする。
事務局電話の周知
電話番号 090-1034-5963
対応時間 毎週水曜日 13:00〜17:00
【事務局員の配置】
曜日 : 毎週水曜日(祝日に当たった場合は翌日) 13:00〜17:00
対象 : 理事及び会員より募集
条件 : PC入力可能者、週1回業務可能者 1日5.000円(交通費込)
人員 : 2人(1日あたり)
場所 : 東京都障害者スポーツ協会
予算 : 530.000円(繁忙期含め年53週で積算)
7. その他
全国障害者スポーツ指導者協議会への参加
ブロック会議などへの参加
都スポーツ協会主催の委員会等への参画